Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

簡単出産レポ 1日目

随分とお久しぶりになってしまいました。

実家から戻ってきました。

実家では時間的にも体力的にも余裕はあったんですが

インターネット環境が微妙にイカレていたので

なかなか更新がままならず、今日になってしまいました。

1ヶ月も経つと随分忘れてしまっていることも多いのですが

簡単ですが、一応出産レポをまとめたいと思います。

3日かかったため長くなるので、1日目~3日目、3回に分けてまとめるつもりです。

こんな人もいるのね、程度の参考になればと思います。

※痛みなどについてなどはあくまで個人的な意見なのでご承知くださいね。
 人によっては読んでいて怖くなってしまうことが書かれているかもしれませんので
 こちらもご承知おきの上お読み下さい。
 そんなに怖い表現・内容はないと思いますが。。。



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

8/18(1日目)


予定日超過すること6日、前駆陣痛のようなおなかの張りは

10分間隔くらいで不規則にあったものの止まってしまったため

結局本陣痛が来なかったため、予定通り入院することに。

朝9時に手続きを済ませて、出産準備に入ります。

この日はダーリンは出勤だったため、付き添いには母が来てくれることに。

内診したところ、子宮口は柔らかいけれど、まだ開きは1cm。

前回から全然進んでいなかった。

ので、陣痛促進剤を使って出産することになりました。

医師の説明では3種類ある促進剤のうち、まず一番弱い陣痛を誘発するものから使って

もしそれでダメなら様子を見て強いものを使っていきましょうとのこと。

できるだけ自然に・・・と思っていけれど、べびたんも大きいし、もうそんなことは言ってられません。

18日は促進剤+バルーンを入れて子宮口を広げる処置をして

お産が進むようなら自然に任せて、進まなければ明日2度目の促進剤投与をすることに。

まずはバルーンが抜ければ子宮口は5cm開いたということなので

バルーンが抜けるのを待つことになりました。

そして内診台に戻ってバルーンを入れる処置。

これが痛くて痛くて、大人気なく暴れる私・・・。

暴れないで、腰を引かないでと注意されつつ、何とか処置終了。

あくまで個人的な意見ですけど、初期の陣痛よりこっちの処置の方がよっぽど痛かった・・・。

もう少しで先生を蹴飛ばすところでした・・・・・・何とか堪えたけど・・・。

大人になって、痛くて人を蹴飛ばそうと思うことがあるなんて思わなかったですよ。。。

そしてまだ陣痛が来ているわけではないので

入院予定の個室に移って促進剤投与が始まりました。

といっても、この日の促進剤は錠剤を1時間に1回飲むというもの。

きちんと飲んだかどうか、また時間は問題ないかをチェックするためだと思うけど

1時間に1回1錠ずつ助産師さんが錠剤を持ってきてくれ、飲むのを確認していました。

最初の投与は10時くらい。ここで母到着。

本人、当日中に産む気満々だったのですが

実はここからが長い戦い(?)の始まりでした・・・。

もともと前駆陣痛のようなものがあったため、薬を飲んでしばらくしたら陣痛が始まりました。

間隔は5~10分くらいで、強い生理痛のような痛みとおなかの張り。

順調に薬が効いてきているということでした。

このあいだ、じっとしている必要はないし、動いた方がお産が進むのことだったので

痛みのない間はベッド周りをうろうろ&母とおしゃべり。

痛みの間は(多分1分くらい?忘れてきてます・・・)

立ち止まったりしながら痛みを逃して過ごしました。

この間、痛みを逃すのにはスイミングでやっていた呼吸法が役に立ちました!

息を吐くと体の力が抜けて楽になるのです。

今から出産の方は絶対にオススメ。

3秒ずつ、吸って~、吐いて~、を腹式呼吸で繰り返す、というものです。

薬は全部で6錠飲むので、10時から3時まで飲み

その間お昼を挟んでいるので昼食が出たんだけど

さすがに5~10分に1回痛みが来ているので、食欲がなく食べられません。

あと、何故か陣痛中は食事がものすごくしょっぱく感じられて、全く食べる気にならず。

なので代わりに母に食べてもらいました。

ただ、のどはすごく渇いたので水分はたくさん飲み、たくさんトイレに。

トイレは我慢すると膀胱にたまった尿が子宮を圧迫して妨げになるので

尿意はなくても1時間に1回行っておく方が良いそうです。

で、結局3時まで薬を飲み続けたのですが陣痛の間隔は狭まらず

痛みも強くならず、バルーンも抜けないまま5時を過ぎてしまったので

診療時間が終わったため、当日はこれ以上の処置はせず

翌朝までは自然にお産が進むのを待つこととなりました。

翌日になってまだ進んでいなかったら、2種類目の促進剤投与になり、

この後自然に進むようなら産めるときに産んでしまいましょう、となりました。

陣痛がきっぱなしなので辛いことは辛いのですが

痛みがそんなに強くないので耐えられると言えば耐えられる状態。

まあ、生殺しと言えば生殺し(笑)

結局この後、6時頃になってやっとバルーンが抜けて

助産師さんに内診してもらったところ、子宮口はやっと5cm開いたとのこと。

特にこの後する処置はないので、自由にしていていいですよ、とのことだったので

部屋をうろうろしたりして痛みを逃しつつ過ごしました。

7時頃だったか、夕飯が出たのだけどやはり食べられず母に食べてもらいました。

その後、仕事を終えたダーリンが来てくれたので、母と交代して母は帰宅。

結局12時くらいまでダーリンはいてくれたんだけどお産は進まず

夜中にお産が進んだら呼び出してきてもらうことにして

ダーリンにはわんこのお世話と言う大切な役目もあるので

明日はお休みのためまた朝から来てもらうことにして、帰ってもらいました。

助産師さんに今後のことを相談したら

お産で体力を使うので、眠れるようなら眠った方がいいというので

眠ってみることにしてベッドに入ったのでした。

こうして1日目は終了。

まだまだ2日目にレポートは続きます。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

ももちぷのこれまで

ももちぷ

ブログの主:ももちぷ
2004年11月結婚
2006年10月から
本格的にベビまち開始

2006年8月体調を崩し婦人科受診
卵巣機能不全と診断。
クロミッドを処方されタイミング指導
なんとか周期は回復したため
クロミッド処方終了。
2008年4月
病院通いに疲れたため
通院お休み・自己タイミング
2008年7月
ヤケクソ気味になんと産院に転院。
タイミング指導開始するも
ダーリンといざこざあり
年内はベビ待ち放棄に。
2008年12月
まさかまさかの陽性判定。
2009年8月20日、男児を出産しました。

記念日までカウントダウン


参考までに費用のこと


【治療中】
卵胞チェック 2300円程度
排卵促進剤クロミッド 500円程度
排卵検査薬 1本100円前後
妊娠検査薬 1本100円前後
  http://baby83.com/で購入

卵管通水検査 11300円

【妊娠中】
妊婦検診 5500円
助産婦検診 4500円
妊娠初期検査 23000円
妊娠中期検査 13000円
妊娠後期検査 2500円
 

カウンター

ぽちっとな

ブログランキングに参加しています
ぽちリと一押しお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

いまなんじ?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールはここから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。